生命保険、損害保険、医療保険販売からライフプラン提案まで[田井ファミリー]

お問い合わせフリーダイヤル

0120-217724

ライフプランから見えてくるもの

人生の節目がライフプランを見直すタイミング

ライフプランは作ったらそれで終わりではありません。それがスタートです。 今日食べたいものと明日食べたいものが違うように、人の考え方や生き方は日々変化します。その中でも大きな節目、大げさに言えば人生の岐路に立ったときがライフプランを見直すタイミングです。

例えば、就職、転職、退職、結婚、出産、住宅の購入、車の購入、子供の進学などが節目にあたります。また自分が変らなくても社会が変る事も考えられます。社会保障制度や税制などの変化も節目にあたるでしょう。 この節目によってどう選択するかで今後の生活の収支が大きく変化する可能性があります。

「転職するのかしないのか?」、「いつ退職するのか?」、「結婚するのかしないのか?」、「出産するのかしないのか?」、「子供は何人なのか?」、「持家に住むのかずっと賃貸住宅に住むのか?」、「車は1台なのか2台なのか?」、「進学は公立なのか私立なのか?」…その時になってみないと分からないこともありますが、その時点で再度ライフプランを見直せば変化に応じた「夢」や「目標」を再確認できます。

ライフプランは必ず変化が生じるもの。その時は必ず田井ファミリーまで、ご連絡下さい。

お問い合わせ

ライフプランと保険の関係

ライフプラン作成は今後の生活を豊かにする為、将来の漠然とした不安を明確にする為にするものです。将来の生活設計がある程度わかると(お子様の進学、住居の確保、相続、老後資金など)、それに対するリスクが簡単に予想できます。そのリスクヘッジの方法の一つとして保険を使います。

一家の大黒柱であるご主人に万一の事があると、精神的な不安はもとより一番は経済的な不安があげられます。万一があったときに残された家族が必要な生活が出来るだけの財産があれば、保険を使う必要はありません。 しかし、一般的な家庭で残された家族が生活するのはかなりのお金が必要になります。公的な遺族年金の支給額は当然計算にいれても、それだけで全てをカバーするのは難しいでしょう。

そこで、残された家族の生活資金、進学費用、老後資金など、ライフプランを把握できていれば、その支出の合計から万一の後の収入となる遺族年金を引いた残りの金額が算出されます。その残りの金額を何で補填するかが問題となるのです。奥様が仕事をしている場合、後何年働けるか目処が立っていればその金額を引いて残りの金額が保険の金額になりますし、勤務先や働く自信が無いようであれば、残りの金額丸々保険の金額になります。そうやって必要な保険の金額を計算できれば、皆さんが加入している保険の意味もご自身で忘れずにいられると思います。

保険は、あくまで普通に生活していく上でのリスクヘッジですので必要以上に入りすぎも保険料の無駄になりますし、入らなさすぎも万一の時には非常に困ってしまいます。

結論として、合理的にきちんと保険に加入したい方であれば、ライフプランを考える事は必要不可欠ですし、ライフプランを把握した方は合理的な保険に入る事が出来るチャンスだと言えます。また最近は、共働きの家庭が多く二人の収入で一家の家計を支えている場合は、奥様に万一があった場合にも保障が必要になるケースも多々見受けられます。保険を考える際には、夫婦ともの万一後の事をじっくり考える方がいいでしょう。

ライフプラン作成のお申し込みはこちら

生命保険、損害保険、医療保険をお探しの方へ
ライフプランにご興味のある方へ
住宅購入をご検討されている方へ「ライフプラン作成のお手伝いします」
保険とライフプランの設計は私達にご相談ください
保険とライフプランのプロ集団 田井ファミリーについて
お申込・お問い合わせ
  • アイペット損害保険株式会社
  • mikata
  • そんぽ24
  • 代理店店主・使用人は、損害保険契約の締結の媒介を行っており、保険契約の締結、保険料の受領、契約内容が変わった場合のご通知の受領等の権限はありません。
  • AIU
  • AIU保険会社のサイトへジャンプします。
    (AIU-中四-16-810005)
  • 損保ジャパン海外旅行保険off
  • 新・海外旅行保険
    インターネット契約サービス
  • AIU
  • 糖尿病の方のための医療保険
  • AIU
  • 89歳まで入れる保険